【先払い買取現金化は闇金なので危険】被害を受けたら弁護士・司法書士に相談しよう

最終更新日 2022年7月2日

【先払い買取現金化は闇金なので危険】被害を受けたら弁護士・司法書士に相談しよう

さまざまな詐欺行為が悪徳業者によって繰り返されていますが、その一つではないかといわれているものに「先払い買取現金化」があります。

 

実際にこの手法で多額の金銭を支払わされた経験をもつ人もいるのではないでしょうか。

 

先払い買取現金化とは何か、どのような仕組みで、利用することにどういったリスクがあるのか、本記事では徹底的に解説します。

 

解決方法も紹介するので、困っている人は参考にしてください。

 

先払い買取現金化とは何か

先払い買取現金化とは、何らかの商品を買い取る前提で、業者(買い取る側)が利用者(買い取ってもらう側)に対し買い取り前に現金を渡す行為のことです。

 

通常の買取サービスと大きく異なるのは、利用者は商品の画像をスマートフォンなどで撮影し業者へと送るだけで現金が振り込まれる点にあります。

 

詳細な鑑定や査定なども基本的に必要ありません。

 

商品は利用者の所有物であるケースもありますが、手元にない商品でも買取を行うとしている業者もあります。

 

その場合、利用者は契約後に該当の商品を手に入れ業者側へと送らなければなりません。

 

利用業者によっては、業者側から商品画像を指定あるいは提供され、その画像を利用者が業者側へと送り返すだけで現金が受け取れるケースもみられます。

先払い買取現金化の仕組み

なぜ査定や鑑定もせずに、画像を送っただけで現金を支払ってくれるのでしょうか。

 

また、手元にない商品でも買い取ってもらえるとは、一体どういうことなのでしょうか。

 

 

商品を買い取る側である業者は、利用者から商品画像が送られてきた際に商品発送期限を設けます。

 

現金を受け取った利用者は、この期限までに業者へと商品を発送しなければなりません。

 

もし発送できなければ振り込まれた現金の返還と違約金(キャンセル料)の支払いを迫られます。

 

キャンセル料の割合なども含め、これらは事前に業者から契約事項として提示され、利用者側は承諾したうえで契約することになります。

 

業者側としては、画像として送られてきた商品が間違いなく手に入れば損をすることは少なく、もし送られてこなかったとしても違約金が支払われる契約を事前にしているので、やはり大きな損失を被ることはありません。

 

このような仕組みで、お金に困っている人に現金を支払っている行為が先払い買取現金化と呼ばれるものです。

 

お金の流れはとてもシンプルで、お金に困っている場合にはすぐに現金が手に入ることもあり利用者が増えています。

先払い買取現金化利用のリスク・危険性

すぐに現金が手に入ることにメリットを感じ、さらに商品を手放したくないのであれば受け取った現金と同じ額を違約金とともに業者に支払えばよいと安易に考える人もいます。

 

仕組みだけをみれば、確かによくある一時的なカードローンなどと変わりません。

 

お金に困っている人にとっては、ありがたい存在とも思えるかもしれません。

 

この先払い買取現金化にはリスクがあります。

 

それは、多くの業者が違約金を非常に高額に設定している点です。

 

手元にない商品の画像を送っても現金を振り込んでもらえることからも、業者の狙いは商品そのものにあるわけではないことがわかります。

 

業者が狙っているのは、まさに多額の違約金やキャンセル料なのです。

 

利用者は契約時に提示された期限内に商品を発送できなければ、この多額の違約金を請求されます。

 

手元にある商品を送ればよいと考える人もおられます。

 

しかし、説明したように業者は商品が欲しいわけではないため、さまざまな理由をつけ取引をキャンセルさせ違約金の支払いを迫ります。

 

この点に先払い買取現金化の大きなリスクや危険性が潜んでいるのです。

 

つまり多くのケースでは、最終的に利用者は受け取った現金よりもはるかに高額な現金を業者へと支払わなければいけません。

 

 

もし支払うことができなければ執拗な取り立てに遭うことも考えられます。

 

また、業者によっては個人情報が悪用されたりネットに晒されたりと、新たなリスクも生じます。

 

先払い買取現金化の先には、複数のリスクが潜んでいると考えておかなければいけません。

先払い買取現金化は闇金?

先払い買取現金化を行っている業者の多くは闇金業者と呼ばれるものです。

 

商品の買取業務そのものは、古物商許可を受けたうえであれば違法ではありません。

 

しかし、実際に手元にない商品に対して現金を支払う行為は貸付行為と判断されることがあります。

 

貸付行為であれば、その業者は貸金業登録を受けている必要があります。

 

利用の際は、まずこの登録済みの業者であるか確認しなければいけません。

 

また、貸付行為であった場合、法律で決められた上限以上の金利でお金を貸すことは禁止されています。

 

違約金やキャンセル料の名目が高額であり、それが計算上利息制限法で定められた上限を超えていれば違法に貸金業を営んでいると判断されます。

 

それ以外にも、さまざまな理由をつけて商品の発送をキャンセルさせようとしてくるのであれば闇金業者であると考えて間違いありません。

 

返還や違約金の支払いが遅れてしまった際の、執拗な電話や訪問、職場や家族などへのコンタクトも違法業者によくみられる行為です。

 

このようなことが一つでもあれば、その業者は違法な闇金業者であると断定し、毅然とした対応をとる必要が出てくるでしょう。

先払い買取現金化を利用した際の解決方法

現在、先払い買取現金化業者やそれと思われる業者を利用し、返済できずに困っている人は弁護士や司法書士へ相談してください。

 

もし先払い買取現金化を行っている業者が違法な闇金業者であれば、これ以外の方法で解決するのは難しいです。

 

もともと闇金自体が違法ですから、法律もくそもありません。

 

相手も生活がかかっているわけですから本気で交戦してきます。

 

ちまたのなまぬるい無料相談所が何が何でも負けないという気持ちを持って歯向かってくれるでしょうか。

 

中途半端な闇金対策は完全にナメられます。

 

こうなると危険な目に合いつづけます。

 

警察への相談を検討する人もおられますが、警察は民事不介入の原則から、お金の貸し借りにかかわる個別の案件などには対応してくれません。

 

もし違法業者からお金を借りているのであれば、弁護士などの法律の専門家が間に入ることにより、執拗な取り立てや違法な金利の支払いなどを止めてもらうことが可能です。

 

世の中に「自らを犠牲にしてまでも、闇金と戦う法律家が存在します。

 

まわりの知り合いにも格闘技や武道が好きな人っていませんか?

 

彼らは根っから戦うことが好きなんです。

 

そしてまじめ。

 

先払い買取現金化を解決する法律家も同じで、誠実さをもって徹底的にやりあうことを好む弁護士・司法書士もいるのです。

 

そもそも闇金業者から借りたお金には返済義務が発生しないため、ケースによっては即日~3日と早期に解決できます。

 

・闇金と地の果てまで戦ってくれる
・100%必ず成功させる
・スピード解決
・アフターフォローも万全

 

これらを満たす専門家となるとほぼ皆無なのですが唯一自信を持って推奨できるのが、ウォーリア法務事務所

 

闇金問題のスペシャリストです。

 

闇金の屈しない強靭な精神を持ち、闇金で苦しんでいるの人々を本気で助けたいと思い闇金に特化して取り組んでいるのがウォーリア法務事務所です。

 

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

 

他の事務所で断られても関係あらへん。

 

闇金と対決してもウォーリアが100%勝ちます。

 

全国どこでも対応。相談無料。

 

闇金と直接対決したら100%勝つ!【ウォーリア法務事務所】

まとめ

詐欺行為は次々と新しい手口が出てくるため、それが世の中に知られる頃には多くの人が騙されてしまっています。

 

先払い買取現金化は比較的新しい詐欺行為であるとみられ、もし違法な闇金業者が行っているのであれば利用者に返済義務は生じません。

 

ただし、そのような場合でも弁護士や司法書士へと相談し適切な手続き等により解決を図る必要があります。

 

困っている人は、まずは法律の専門家に相談しましょう。

【先払い買取現金化は闇金なので危険】被害を受けたら弁護士・司法書士に相談しよう関連ページ

【給与ファクタリングは専門の弁護士・司法書士が対応・解決】闇金のように違法な高金利
最近、「給与ファクタリング」という給料を債権にとってお金を貸すという手口で、個人の被害者が急増しています。もし、被害にあわれていたらファクタリング会社ではなく、専門の司法書士に相談してください。
【後払い(ツケ払い)現金化業者に対応の弁護士・司法書士】巧妙な闇金手口で被害急増 解決するなら弁護士か司法書士に相談
後払い(ツケ払い)現金化業者との間にトラブルが生じた際は、迷わず専門家に相談することが重要です。後払い現金化は、違法な行為のため、被害に対する相談は警察でも対応してもらえます。ただし、警察では客観的な証拠がそろっていないとすぐに動いてもらえない可能性もあるため、注意が必要です
LINE・ツイッター・FACEBOOKでの闇金取り立て被害が急増【SNSを利用した闇金業者が増えている】
最近はSNSで勧誘し、融資する人が増えています。返済できなくなるとFACEBOOKやツイッターでつながっている友人に取り立てしてくるかなり悪質です。
闇金業者に裸の写真がSNSで拡散された!対策解決方法
闇金からの借金が返せず「担保として裸の写真を送信してくれ」と脅されて、それに応じてしまう方が稀におられます。対策方法を解説します。
私書箱を勝手に開設・利用された闇金被害
お金を借りたい人の免許証や社会保険をもとに、郵便局私書箱を開設し悪用する闇金被害です。
090金融
携帯電話での取引は100%違法業者です。携帯番号でお金を貸すという商売をすること自体が違法です。メールでの勧誘にも注意です。
携帯(スマホ)買取詐欺
最近、携帯買取詐欺(白ロム詐欺)が横行しています。どんな詐欺なのか、少しわかりにくいですが闇金の一種だと考えることができます。
闇金は完済させてくれない?!「ジャンプ」
闇金業者は法外な利息を取ることで利益を得ています。つまり債務者1人1人からいかに利息を取り続けるか、ここが闇金業者にとって重要で、そのためには完済させないようにさまざまな手口を使ってきます。
ソフト闇金
闇金という名前は昔から存在していますが、実はここ最近では、ソフト闇金という新たな闇金業者が生まれています。 ソフトでもハードでも、闇金は闇金である事にかわりはないので、どんなものかしっかりと理解しておきましょう。
システム金融
システム金融とは、メールやファックスでお金に困っている企業をターゲットに勧誘や融資をする金融業者のことです。 ヤミ金融被害が全国規模に広域化したのはおそらくシステム金融が最初です。
車金融
車金融とは、車を担保にしてお金を貸してくれる金融業者のことです。 海外のカジノにいくと大負けした客が乗ってきた車を手放してお金を借りてまたカジノに行くという光景を目にします。この車を担保にお金を貸してくれる金融業者の中には高金利を取る業者がほとんどです。
家具リース
リース契約を結んだことにして、家具を被害者の手元に残す代わりに,リース料の名目で実質的に利息を取り立てます。
チケット金融
今はもう見なくなりましたが新聞によく掲載されていました。
カラ貸し
カラ貸しとは借りてもいないお金を取り立てられることで、ある日突然まったく知らない闇金業者から電話がかかってきます。
紹介屋
闇金の1つに紹介屋が存在します。その名前の通り、お金を貸すことが目的ではなく、お金を貸してくれる業者を紹介することで利益を得る存在です。
整理屋
闇金は、あなたの借金を一本化する、債務整理するといった誘い文句でお金を支払わせようとします。提携弁護士・提携司法書士は間違いなく闇金とグルです。
パチンコ金融
日本人にとって1番身近なギャンブルがパチンコでしょう。 運良く大連チャンした経験があると、ついついのめり込んでしまうものだと思います。 僕も好きなパチンコですが、そんなパチンコ好きをターゲットにしている闇金がパチンコ金融です。
年金担保被害
年金を担保、これは返済できない時は年金から払ってもらいますよという意味に取れますがそうではなく、融資をする時点で利用者から年金証書や通帳、印鑑を取り上げてしまうのです。
振り込め詐欺
簡単に言えば詐欺なのですが、実は闇金と深い関係があります。
クレジットカードの現金化
闇金の手口の一つです。買取額は8割程度、郵送料や査定料などの手数料を取られ、小額しか残らない手口です。
【先振り闇金手口】保証金名目でお金を振り込ませる詐欺手口
先振り闇金手口とは、「審査を通すためには1度融資実績が必要になる。先にいくらか振り込んでくれ。」など甘いことを言って、保証金名目でお金を振り込ませます。