借金返済方法のリボ払いの元本がなかなか減らない理由・対処法について

最終更新日 2022年12月1日

借金返済方法のリボ払いの元本がなかなか減らない理由・対処法について

借金返済方法のリボ払いの元本がなかなか減らない理由・対処法について

リボ払いとは、クレジットカードの支払い方法の一種で、買い物金額を毎月一定の額で返済していく仕組みのことです。

 

手元にお金がなくても高額の買い物ができるなど、メリットもある一方で、運用の仕方によっては元本がなかなか減らない「リボ地獄」に陥ってしまうケースもあります。

 

では、なぜリボ払いは元本が減りにくいのでしょうか。

 

今回は、リボ払いの基礎知識と、リボの返済に困ったときの対処法について解説します。

 

そもそもリボ払いって?リボの仕組み

リボ払いとは、1970年代のアメリカで生み出されたクレジットカードの支払い方法です。

 

正式な名称を「リボルビング払い」といい、「回転」という意味を持つ「リボルビング」から「回転信用」や「フレックス払い」といった呼称が使われることもあります。

 

クレジットカードの支払い方法は、リボ払いの他、1回払いや分割払い、ボーナス一括払いといった多様な種類から選択できるのが一般的です。

 

このうち、リボ払いは他の支払い方法とは根本的に仕組みが異なります。

 

特に比較対象として挙げられやすいのが、分割払いとの違いです。

 

分割払いは、支払い回数を自分で指定して返済していく支払い方法です。

 

たとえば、クレジットカードで3万円の買い物をして、支払い方法を3回の分割払いに指定したとしましょう。

 

この場合、3万円を3カ月で支払うので、月に1万円ずつ返済していくことになります。

 

ただ、分割払いでは支払い回数に応じた手数料を支払わなければなりません。

 

分割払いの手数料は、選択した支払い回数や利用金額に応じて決められ、金利という形で買い物金額に上乗せされることになります。

 

これに対して、リボ払いは買い物金額を毎月定額で返済していく支払い方法です。

 

同じ3万円の買い物をしたと想定してみましょう。

 

「支払い回数」を指定する分割払いとは違い、リボ払いは毎月の「支払い金額」を事前に決めます。

 

3万円の買い物であれば、毎月5千円ずつ定額で支払っていくといったような形です。

 

3回指定の分割払いであれば、3カ月で支払いは完了しますが、毎月5千円の定額で支払うリボ払いだと、返済完了まで最短でも6カ月要する計算になります。

 

もちろん、毎月支払う金額を多く設定すれば、返済期間を短く済ませることも可能です。

 

たとえば、支払い金額を毎月1万円に設定すれば、3回の分割払いと同様、3カ月で支払いは完了します。

 

このように、リボ払いは支払う回数ではなく、支払う金額を設定して返済していく方法です。

 

もちろん、リボ払いも分割払いと同様、決められた定額を支払うたびに手数料が上乗せされる点は変わりません。

元本が減らない?リボ払いの注意点とは

支払う回数ではなく、金額を設定するリボ払いでは、他の支払い方法より完済まで時間を要する傾向があります。

 

支払い回数を指定する方法では、完済まで明確な目処が立ち、指定回数だけ返済すれば確実に元本は減っていきます。

 

一方、毎月定額で支払っていくリボ払いは、支払い金額を一律にできるメリットがある一方、設定した定額によっては完済まで相当の期間を要さなければなりません。

 

特に、買い物すると自動的にリボ払いに移行する「自動リボ」の設定をしていると、クレジットカードで買い物をするたびに元本が増えていくことになります。

 

ここに、リボ払いだと元本がなかなか減らない理由が隠されています。

 

リボ払いでは、最低弁済額という、支払わなければならない最低限度の返済額で支払いが行われることが多いのです。

 

そのため、買い物するたびに元本が増える一方、返済金額は毎月低い水準のまま変わらないので、いつまで経っても元本が減っていかないというわけです。

 

また、リボ払いは金利が高く設定されているという点も見逃せません。

 

各クレジットカード会社によって金利設定は異なりますが、分割払いの金利に比べて、リボ払いの金利は各社総じて高めに設定されています。

 

借金は一般的に、借入残高が高く、利用期間が長いほど返済する利息も高くなっていきます。

 

返済期間が長くなりがちなリボ払いは、その分だけ金利を多く支払うことにもなり、返済がいつまでも経っても終わらないという事態に陥りやすいのです。

リボ払いの返済が終わらないときはどうすればいい?

リボ払いでは、買い物金額にかかわらず、毎月返済する金額は同じです。

 

つまり、10万円の買い物でも100万円の買い物でも、返済金額は一定額で変わらないので、買い物金額が大きいほど返済期間は長期化します。

 

しかも、返済のたびに所定の金利が取られるため、返済金額を低く設定している場合は、毎月の支払い額の大部分が利息に充てられていることも珍しくありません。

 

そうなれば、元本が減らないばかりか、借金がどんどん増えていくばかりです。

 

リボ払いの返済が終わらないときの対処法には、以下の4つの方法があります。

 

膨らんだ残高を一括払いで返済する

1つ目は、膨らんだ残高を一括払いで返済することです。

 

一括で返済してしまえば、毎月の金利手数料もかからないので、最も簡単かつ安価にリボ残高を返済することができます。

 

毎月の支払い金額を高くする

2つ目は、毎月の支払い金額を高くする方法です。リボ払いの返済が長引いてしまうのは、毎月の定額が低く設定されていることが一因です。

 

無理のない範囲で支払い金額を高く設定すれば、返済期間を短くして、トータルで支払う手数料を少なくしながら完済を目指せます。

 

リボ残高を返済してしまう

3つ目の方法は、金利の低い方法でお金を借りて、まずリボ残高を返済してしまうという方法です。リボ払いの返済が終わらないのは、リボの金利が高いことも原因のひとつです。

 

低金利でお金を借りてリボを返済できれば、リボ払いの高い利息や手数料を支払わなくて済むかもしれません。

 

もちろん、この方法だと他のところからもお金を借りることになるので、根本的な解決にはなりませんが、あくまで一時しのぎの対策として活用できます。

債務整理を利用する

4つ目は、債務整理を利用する方法です。

 

債務整理とは、借金の問題を法的に解決する手段のことです。

 

債務整理のメリットは、借金の総額を減額できるチャンスがある点で、デメリットはブラックリストに載ってしまうかもしれないという点が挙げられます。

 

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産という3種類の手段があり、リボ払いにおいては任意整理が最も有効です。

 

任意整理とは、債務者と債権者が交渉することで、借金の減額や遅延損害金の免除など、借金問題の解決を目指すための取り組みです。

 

任意整理が上手くいけば利息分の支払いを免除してもらって、元本だけの返済で済む場合もあります。

 

リボ払いで特にネックになるのは、高額な金利手数料ですから、利息をカットできるのは大きなメリットです。

 

ただ、その一方で、債務整理で借金問題を解決できても、債務整理を利用したという事実は事故情報として残ってしまいます。

 

事故情報に記載されれば、新たな借り入れができなくなるなど、相応のペナルティを負わねばなりません。

 

このように、金利のカットや元本の減額など、メリットもある一方で、ブラックリスト入りといったデメリットも大きいので、利用する場合は債務整理のメリット・デメリットをよく検討したうえで行動に移す必要があります。

【匿名・無料】借金減額診断ツール

借金がいくら減るのか60秒でわかる匿名・無料のツールです。

 

借金の総額や借り入れ社数など簡単な情報を入力するだけで、「借金を減額する方法」や「借金減額の可能な金額」を匿名無料で判断してくれます。

 

現実に、どのくらい借金が減るのか知りたい方におすすめです。

 

1分で簡単に診断できる

 

匿名・無料で24時間いつでも診断OK

 

家族や友人にバレない

 

いくらくらい借金が減るかどうか知ることで

 

払えなくなった時対処できるか

 

どれだけ精神的にラクになるのか

 

がわかるので安心のお守りになります。

 

「定期健診」みたいなものですね。

 

空き時間で「今の状態」がわかるので、いろいろ考える機会にもなると思います。

 

【カンタン60秒】借金減額シミュレーター

リボ払いに行き詰ったら!弁護士に相談して適切に対応しよう

リボ払いは、適切に運用できれば便利な支払い方法ですが、一歩間違えれば首が回らなくなることもある危険な借金でもあります。

 

何気なく使っていたリボ残高が、いつの間にか返せない金額まで膨れ上がってしまうことも少なくありません。

 

返済に追われ、行き詰ってしまったのなら、デメリットはあっても債務整理の利用を考えるのもひとつの手でしょう。

 

その際は、弁護士に相談するなどして、適切に対処していくことが大切です。

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所は評判どおりとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

借金返済方法のリボ払いの元本がなかなか減らない理由・対処法について関連ページ

国が認めた「借金救済制度」とは?リスクあるの?メリット・デメリットについて解説
国が認めた「借金救済制度」とは債務整理のことです。債務整理をすると、返済できなくなった借金の額を少なくしたりゼロにしたりして借金返済の負担を減らせます。
【借金減額診断・借金減額シミュレーターとは?怪しい?】無料で診断できる。メリット・デメリットを解説
現在の借金を何らかの方法で減額可能か、加えて減額手段やどの程度の減額が見込めるかなどを診断するサービスが「借金減額診断」や「借金減額シミュレーター」です。弁護士が経営する法律事務所や司法書士事務所などによって提供されています。専門家に直接相談する前に借金減額の可能性を判断できるとあって、多くの債務者が利用しています。借金減額診断や借金減額シミュレーターの利用は基本的に無料です。スマートフォンやパソコンなどを用いWeb上で手軽に診断できます。
借金相談で広告や検索してでてくる口コミや評判のいい弁護士はそれなりに信頼できる
借金相談するときテレビや電車の中吊り広告で弁護士や司法書士の広告はよくみかけますね。このページでは広告を出している法律家は本当に信頼できるのか解説したいと思います!
債務整理の弁護士費用・料金ってどのくらいかかるの?払えないときは分割にしよう
弁護士費用というのは一応これくらいが妥当だと決められています。この基準は多くの弁護士さん・司法書士さんが採用しています。どのくらい費用が目安かここでは説明していきたいと思います。
【弁護士を立てる大きな7つ大きなメリット】
借金相談して債務整理をするとき弁護士を立てるメリットを懇切丁寧に解説します!
債務整理の相談をする際、必要な資料や事前に把握しておきたいこと
弁護士に債務整理をするときに把握しておきたい情報を確認しておきましょう。覚えていないものは仕方ないですが、できる限り現状がわかる資料を準備しましょう
借金の消滅時効の援用ならアヴァンス法務事務所
消滅時効の交渉はアヴァンス法務事務所は経験と実績があり、得意としております
【法テラスで債務整理】費用が安く弁護士を紹介しくれるメリットもあるがデメリットもあります
法テラスは債務整理の費用を安くできる民事扶助制度があります。ただ審査に通らなくてはいけません。審査基準を解説します。
借金相談のほとんどがギャンブルじゃないの?弁護士や司法書士に相談するコツ
ギャンブルや浪費が原因で自己破産をするとなった場合、借金の原因が浪費やギャンブルだと免責不許可つまり「アカンアカン」と認められない場合があります。でも聞いてください。中にはパチスロや競馬、風俗・キャバクラ、裏カジノでに費やした借金でも借金を減額もしくは破産させるテクニックを持った弁護士や司法書士はいるんですねー。
借金相談する法律事務所はどうやって探すの?相談費用って無料なの?
ここでは借金相談窓口、法テラス・弁護士・ネット検索・国民生活センター・区役所・市役所について解説します!
多重債務者を食い物にする悪徳弁護士の手口の例(紹介屋、コーチ屋)
整理屋や、提携弁護士以外にも、多重債務者の窮状につけ込むやり口があります。
東京都内で債務整理の相談するならこの弁護士・司法書士事務所
大阪府内で債務整理の相談するならこの弁護士・司法書士事務所
大阪で債務整理の実績がある弁護士・司法書士事務所を記載しています。